畳の手入れ・取扱について

畳を長持ちさせる、
正しいお手入れ方法をご紹介しております。

日頃のお掃除として、拭き掃除の場合は、乾拭き・固く絞った雑巾で畳の目に沿って掃除してください。掃除機を掛ける場合は、畳の目に沿って掃除してください。
※何度もゴシゴシと強く掃除しますと畳表の耐久性が低下しますのでご注意ください。
畳の上にカーペット、絨毯等を敷かないでください。
カビやダニの発生する原因になります。
畳は過度の湿気を嫌います。湿気でカビが生える場合がありますので、定期的に換気、風を通してください。また部屋干しにもお気をつけてください。
梅雨の時期は、エアコン、除湿器を利用し除湿を行ってください。
カビが生えた場合、換気しながらエタノール、アルコールを含ました雑巾で手袋をしてから拭いてください。拭き終りましたら乾燥させてください。
家具の跡が浅くついた場合は、水を霧吹きし濡れタオルを置きアイロンを掛けてください。
醤油等の液体をこぼした場合速やかに乾いた布を押し当て吸い込ませてください。その後固く絞った雑巾で拭いて下さい。
ドレッシング等の油分を含んだ物をこぼした場合は中性洗剤を薄めて布に含ませ優しく拭いて下さい。必ず最後に中性洗剤が残らない様固く絞った雑巾で拭きとってください。
煙草で焦がしてしまった場合は、焦げ箇所から穴が広がってしまいますので、
テープ等で塞いでください。
据え置き型エアコン、ファンヒーター等の風が畳に直接かかりますと、畳表の強度が低下しササクレ状にボロボロとなってきますので風の当たる一部だけ敷物をすることをお勧めします。
い草が服に付く、畳表が破れている、暗い茶色になっている、シミができている、カビ臭い場合は畳表が寿命かもしれません。畳の床に影響が出ない様に早めの畳表の交換をお勧めします。
畳がフカフカする、隙間がある、畳が凸凹する場合は畳床が寿命かもしれません。
快適な畳lifeを送る為、新畳をお勧めします。
定期的なメンテナンスも兼ね裏返し3~4年表替え5年新調を15年~20年を目安に交換をお勧めします。